保健師の求人に強い転職サイトは、マイナビ看護師! 保健師の記事一覧

看護師から保健師への転職

看護師から保健師への転職を狙っている方も多いことでしょう。あなたも、そうですか?

就職においては新卒有利の保健師ではありますが、臨床経験のある元看護師も確かに存在します。

私の場合を例に、看護師から保健師への転職についてご紹介します。

看護師から保健師に転職したい!

看護師から保健師に転職した私の体験談から、お話しましょう。

私は保健師になる前、病院に看護師として勤務していました。

その中で思ったのは、「この人は退院して家に帰ってから大丈夫かな…」「こうなる前に、もっと早く、何とか出来なかったのかな…」ということでした。

毎日多くの患者さんが入退院し、様々な検査や処置に追われる日々は、それはそれで「看護をしている!」という実感がありました。

しかし患者さんにもっと深く、長い目で関わりたいという思いがどうしても捨てきれず、夫の転勤を機に看護師から保健師への転職を決意したのです。

保健師としての就職は、本当にたまたま運が良かった、の一言につきます。

ハローワークで見つけた保健師の求人は申込期日が切れていたのですが、ダメ元で連絡してみると、ちょうど新たな欠員が出たところだったのです。

こうして私は、非正規雇用ではあるものの保健師として働き始めることとなりました。

看護師から保健師に転職して、ギャップの大きさに面食らう日々

看護師から保健師へ転職して、熱意を持って飛び込んだ保健師の世界。最初は戸惑いばかりでした。

非正規雇用ということもあり、まず担当したのはちょっとした電話対応、窓口対応、事務作業。正直、「え…これって保健師の資格、要る?」と思うことばかりでした

臨床で働いていた頃は分刻みで仕事をこなし、座れるなんて記録整理の時間だけ、急変があればサービス残業当たり前、というのが看護だと思っていましたから、そのギャップはあまりに大きく、何だか拍子抜けしてしまいました。

看護師時代と違って定時で帰れる生活を有難く思う反面、これで保健師としてお金をもらっていいのかな…ともやもやする日々でした。

少しずつ変わり始めたのは、保健指導を担当するようになってからです。

自分の知識や経験を指導に活かし、相手と心が通じるようになってくると、がぜん保健師の仕事が楽しくなってきました。

基本的にひとりにじっくり時間を掛けられるので、自分の心にも余裕が生まれ、次第により深く人と向き合おうとする姿勢に変わっていきます。

けがや病気の治療といった目に見える看護だけでなく、年齢にも、性別にも、病気があるかないかにも、とらわれず、どんな人にだって保健師としての関わりようがある、ということを肌で実感出来た時、保健師としてのやりがいを強く感じるようになりました。

看護師から保健師への転職、現場を知っている事によるメリット

看護師から保健師に転職した私の周りの方達を見ていると、看護師としての経験が様々な場面で生かされていると感じます。

特に共通して挙げられるのが、能率の高さ医学的な判断です。

看護師の仕事は、「明日に回そう」ということはまずありません。基本的に自分の勤務帯で優先順位をつけながらやり遂げ、どうしても出来ないことは次の勤務帯に引き継ぎ出来る状態にまとめなければなりません。

この自分への締切感覚の厳しさが、仕事をバリバリこなしつつ、次の人が仕事しやすいように、という気遣いの出来る保健師を生み出します。

また、健康相談や家庭訪問をしていても、“これは受診が必要”といった的確な医学的な判断を下すことが出来ます。

もちろん保健師ひと筋の方も出来るのですが、元看護師の場合にはより“直感的”というのでしょうか。

身体を動かす健康教育等で急に具合が悪くなった…という方への対応の速さ、的確さもやはり現場経験がある方ならではです。

そのほか、医療機関からの相談に対応したり、様々な調整を図ったりするにも、現場の状況が分かるのでより現実的な方策を提案することも出来ます。

病気で苦しむ人達を見てきたからこそ予防医療への意識も高く、指導にも説得力が増します。

看護師から保健師への転職は、たやすいものではありません。しかし、看護師としての経験は必ず様々な場面で活きてきます

もしあなたに保健師として働きたい、という思いがあるのなら、諦めずに門を叩いてみてはいかがでしょうか。

保健師の求人に強い転職サイトは!?

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    保健師の人気求人ならマイナビ看護師に探してもらうと良いでしょう。看護師の求人がメインですが、保健師の求人も扱っているのでおすすめです。レア度の高い好条件の勤務先が見つかるかもしれません!

転職サイトランキングを見る