保健師の求人に強い転職サイトは、マイナビ看護師! 保健師の記事一覧

行政保健師の異動は、宿命?

行政保健師の異動は、働く上で避けられない「宿命」でもあります。

行政保健師の異動の実際、異動のメリット・デメリットについて、今回はお話ししたいと思います。

行政保健師の異動は、慣れてきた頃、突然…

行政保健師の異動の目安は大体「三年」と言われます。同じ職場に三年勤めると、そろそろ異動対象になる、ということです。

三年を過ぎると、あとはその職場の年齢構成や、保健師をどの部署に何人ずつ配置するかというバランス、その保健師がこれまでどの部署を経験してきたか、現場向きか管理職向きか、などを総合的に考慮して異動内容が決定します。

異動してまず最初の三か月は仕事について毎日メモを取りながら勉強し、仕事にも地区にも人間関係にも慣れるのに必死です。

本庁では予算編成という多忙すぎる仕事の波に飲まれ、あっぷあっぷです。

ある程度仕事のペースをつかみ、年度計画が見渡せるようになるのが半年、電話や窓口にもそつなく対応できるようになります。

職場の空気を読みつつ自分の仕事が出来るようになる頃にはあっという間に年度末。様々な「〆」に追われながら初年度は終了。

二年目は年度全体のイメージがつくので、仕事に追われつつも少し余裕が出来ます。

三年目になると、自分なりに仕入れたその分野の最新知識を仕事に活かせるようになってきます。

もちろんこれは私の場合で、個人差が大きいところ。しかし、仕事が面白くなってきたな~、今度はこうしてみたいな~、と思うようになる頃、異動の気配がちらつき始めるのです

行政保健師の異動…「サプライズ人事」

行政保健師の異動では、同じ職場に四~五年勤めていての異動であれば、「あぁそうだよね、そろそろだったもんね」と誰もが納得するのですが、たまに「えっ!?あの人が!?」というサプライズな人事もあります。

異動して一年しか経っていないのに、翌年また異動、ということもあります。

本人も周りもまさか異動になると思っていませんから、まさに青天のへきれき。「何かの間違いじゃないの??」と最後まで疑いながらも荷造りすることになります。

逆に、みんなが異動していく中で十数年も異動がなく、暗黙の了解でアンタッチャブルな感じになりつつあった人に、いよいよメスが入ることも。「おぉ…思い切ったな…」と人事部がちょっと見直されることもあります。

一応、行政保健師の異動の判断材料として上司との面談があるにはあります。しかし住民全体の利益が最大の目的ですから、個人の意見など本当に参考程度。年度末には誰もが異動対象なのです

行政保健師の異動のメリット、デメリットとは

行政保健師の異動のデメリットは「担当者が異動してしまったため、分かりません」―という、行政の悪い慣用句として知られています(個人的には、これは言っちゃいけないと思っています。そんなの住民に関係ないですよね)。

確かに同じ職場に同じ人が勤めていた方が、仕事にも慣れているし、地区のこともよく分かっているし、異動による様々な時間的ロスというデメリットがなくて良いように思えます。

では行政でこんなに異動が行われるのはなぜでしょうか。

ひとつには、人や物事を新たな視点から見ることが出来る、というメリットがあります。

「慣れ」というのは、思い込みや油断を招くものでもあります。

“この人はこうだから”“この地区はこうだから”という思い込みから、ちょっとした変化に気付かなかったり、仕事がマンネリ化したりするのを防ぎ、新たな風を入れることが出来ます。

よく民間企業で経理を何十年も務めて横領していた、なんて話がありますが、そういった不正の監視、という意味合いもあるのかも知れません。

また、個人としても様々な職場を経験することで行政の全体像をつかみ、任された仕事の位置づけや役割をより深く認識することが出来ます。

“他の科のことはよく分からない”、なんていう縦割り行政のたらい回しを、“あの人はあの科に居たから詳しいよ”というように、人の経験を通じて横につないでいくことも出来ます(最終的には問い合わせることになりますが)。

こういうメリットがあるんだから…と自分に言い聞かせつつ、年度末が近付くと発表まではそわそわ、今年も落ち着かない日々を過ごすことになるのです。

保健師の求人に強い転職サイトは!?

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    保健師の人気求人ならマイナビ看護師に探してもらうと良いでしょう。看護師の求人がメインですが、保健師の求人も扱っているのでおすすめです。レア度の高い好条件の勤務先が見つかるかもしれません!

転職サイトランキングを見る