保健師の求人に強い転職サイトは、マイナビ看護師! 保健師の記事一覧

行政保健師の求人

行政保健師は、保健師の中で最もメジャーな存在です。その求人情報はどんな特徴があり、どのように探せばいいのでしょうか。

行政保健師の求人情報はいつ出るの?

行政保健師の求人を探している場合、都道府県や市町村といった自治体の規模の違いによって求人が出る時期が異なります。

大まかにいって大きな規模の自治体ほど早い時期(就職の前々年度末頃)に募集し、小さな規模ほど遅い時期(村レベルでは秋頃ということも)の求人となります。

しかしほとんどの都道府県や市町村では、5~7月頃に採用試験、その半月~1か月前に募集をする、というのが通例です。

行政保健師の求人情報の探し方は?

行政保健師の求人情報の多くは自治体の公式ウェブサイトにアップされます

遠隔地からの申込者のため、ウェブから申込書を取り寄せることが出来る自治体もあります。

地元で申込む場合には、自治体が発行する広報誌にも求人情報が載りますが、サイト以上の情報はないと思っていいでしょう。

ただ、それぞれの自治体のサイトをチェックしていくにはなかなか手間がかかります。

誰かまとめサイトでも作って~!と嘆いても仕方ありません。行政の仕事は地味なもの…と観念して、コツコツ探しましょう。

企業よりも時期がまとまっているので、その点は比較的ラクなはずです。在学中の方は、学校の就職担当窓口もこまめに訪れましょう。

行政保健師の求人によくある「数名募集」と「若干名募集」の違いって?

行政保健師の求人の多くは募集人数が「若干名」…。若干名って結局何人だよ!と突っ込みたくなりませんか?

ちょっと寄り道すると、「数名」とある場合は「二人以上のあまり多くない人数」、「若干名」の場合は「一人かも知れないし、二人以上かも知れないけど、あまり多くない人数」らしいです。

つまり、「若干名募集」より「数名募集」の方が二人は確保されている分、枠が広いということですね。ただ経験上、「数名募集」という行政保健師の求人はそう多くはありませんが…。

行政保健師の求人は都道府県によって違いはあるの?

行政保健師の求人の多さは、その地域の人口とほぼ比例します。

都道府県単位で見ると、東京、千葉、埼玉や大阪、愛知といった三大都市圏と北海道は保健師数が多いです。

単純に対象人口が多い、あるいは北海道ならば対象地域が広いので必要な保健師数も多くなる、ということですね。

一方、人口10万あたりの保健師数を見ると、多いのは山梨、長野、鳥取、島根、高知です。これらの県でなぜ保健師配置に余裕があるのか一律に明確な理由は見つかりません。

しかし、自分が希望する地域の求人情報だけでなく、保健師配置やその背景がどのようになっているのか調べてみる価値はありそうです。

行政保健師の求人、実は狙い目の自治体があるってホント!?

行政保健師の求人を出している自治体といっても、その規模は東京都のような大規模なものから、村のように小規模のものまで大きな幅があります。

その中で実は狙い目の規模の自治体があるって、知っていますか?

全国の保健所数の変化を見ると、都道府県・政令指定都市といった大規模な自治体の保健所数は減少する一方、増加している保健所があります。

それは、「保健所を設置する市」の保健所。平成の市町村合併によって独自に保健所を設置する市が増えたため、こういった市の保健師の数は、ここ15年ほどでなんと2倍にも増えています。

特に強い希望がなければ、都道府県や一般の市町村よりは「保健所を設置する市」が狙い目なんです!

行政保健師の求人には何歳まで応募できる?

行政保健師の就職において絶対的だった年齢制限の壁ですが、近年ではこの制限を緩和する自治体も出てきています。

希望自治体で年齢制限がアウトの場合でも、他の自治体ではセーフということもありますので、幅広く求人情報を調べる必要があります。

多様な経歴を持つ人材を採用することで、より住民に密着した配慮の出来る保健師の誕生が望まれています。

行政保健師の求人 ~傾向と対策~

行政保健師の求人は、とにかく「例年通り」というのが大前提です。

求人情報の出る時期、募集人数、募集方法、採用試験の時期や内容まで、大きく変わるということはあまりありません。

そのため、希望の自治体がある程度定まったら、前年度の求人は必ずチェックしておきましょう。

早い時期にサイトをチェックして、サイトが更新されても情報が残るようにプリントアウトしておきましょう。

情報が最新に更新されたら、これもプリントアウトして見比べてみましょう。

変わったところ、変わらないところに注意してみると、その自治体が求める人材が見えてきます(実際は募集要項さえほとんど変わらないところも多いですが)。

ポイントは、求人情報だけでなく、その自治体の人口構成や健康課題も併せて調べておくこと

面接で「おっ、勉強しているな」と好感触を与えることが出来ますし、何より就職してからの自分の姿がイメージでき、モチベーションアップにつながりますよ。

保健師の求人に強い転職サイトは!?

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    保健師の人気求人ならマイナビ看護師に探してもらうと良いでしょう。看護師の求人がメインですが、保健師の求人も扱っているのでおすすめです。レア度の高い好条件の勤務先が見つかるかもしれません!

転職サイトランキングを見る